Orthopedic Movement Physical Therapyのブログをご覧の皆様、はじめまして!私、冨樫 玲子は現在クイーンズにあるラガーディアコミュニティカレッジという学校でPhysical Therapist Assistantになるための勉強をしています。Physical Therapist Assistantプログラムに合格した際に、学校からフィジカルセラピー(理学療法)の現場でボランティアをするように言われ、2014年の夏にこちらのクリニックで理学療法士(フィジカルセラピスト)の瓜阪美穂先生と、アシスタントの岸本眞澄さんにお世話になりました。当時クリニックに通っていらした患者さんの中には実際にお会いした事がある方もいらっしゃるかと思います。

私もまだまだ勉強中の身で、これから学ぶ事もたくさんあるのですが、日本ではあまり身近でないフィジカルセラピーというものについて学生の視点から皆様にお伝えできる事もあるかと思い、不定期でブログを担当させて頂く事になりました。普段の生活に活かせるフィジカルセラピーの知識や、学校で学んだ事などもどんどん反映していきたいと思っていますので、これからどうぞよろしくお願いいたします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は先日行われた “呼吸, 栄養, ムーブメント, -理想的な身体の使い方-” と、いうワークショップにいち参加者として行ってきたので、写真も交えてその様子をお伝えします!

首の緊張の観察

首の緊張の観察

この日のテーマは”呼吸”だったので、まず瓜阪先生から骨格標本を使っての呼吸に関る筋肉の説明がありました。

その後実際に各自筋肉を触ってみると、体の他の筋肉と比べて固いのがわかります。姿勢やストレス、様々な原因で本来は緊張していなくてもいい筋肉が固くなってしまうそうです。その後、全員で呼吸を意識したエクササイズを行いました。少人数でのワークショップだったので、先生が一人ひとりの様子を確認して、必要に応じて動きを修正してくれます。エクササイズの後はついさっきまで緊張していた筋肉がほぐれているのがわかりました!

複式呼吸の練習

複式呼吸の練習

 

ここで教わった正しい呼吸法をベースにこの日のプログラムが進みます。

次は栄養士の宮下麻子先生から栄養に関するレクチャーがありました。

呼吸は複数の筋肉が共に働きながら行っているので、筋肉に必要な栄養素や他の食材とのバランス、先生がおすすめしている食材、エクササイズとの組み合わせなどについてのお話がありました。

ニューヨークに住んでいると、日本と同じような食事を常にとることは難しかったりしますし、外食をしても塩分や油、食事自体の量が日本で出されるものとはかなり違う事も結構ありますよね…。そんな中でも皆さんヘルシーな食生活を維持することにとても興味があるようで、宮下先生はレクチャーの他にもたくさんの質問に答えて下さいました!

宮下麻子先生の栄養レクチャー

宮下麻子先生の栄養レクチャー

 

次は谷口みつこ先生によるヨガのレッスンがありました。

372

魚のポーズ

この日のテーマが呼吸なので、呼吸と連動しての動きを中心に進みます。難しいポーズではないのですが、最初に瓜阪先生から説明があった筋肉に働きかけているのがわかります(先生は上級者の方と、初心者の方用のポーズを指導して下さるので初めてでも経験者でも大丈夫です!私は初心者用に挑戦しました)。無理のない動きですが、効いている実感があってとても気持ちが良かったです!先生は参加者全員のペースにちゃんと気を配ってくれますし、間違った動きなどは個人個人指導してくれます。

みつこ先生は毎週火曜日にOMPTNYで日本語のヨガクラスを行っているので、皆さんも是非参加してみて下さい!
metta@mtbodyworklab.com

377

起き上がる練習

 

レモン・ライム・ミント水

レモン・ライム・ミント水

 

ヨガの後は休憩もかねて、宮下先生が用意してくださったスナックを頂きながら色々栄養に関するお話を聞いたり、質問したり、参加者の方と情報交換をしたりして楽しく過ごしました!後日宮下先生がオススメの食材などについてブログを書いてくれるそうなので、皆さんチェックしてみてくださいね。

宮下先生のブログはこちら
”ニューヨーク栄養士の身体美のお話”

 

 

 

最後はMaho Suiso Ogawa先生のピラティスのレッスンがありました。

ハムストリングのストレッチ

ハムストリングのストレッチ

ピラティスは解剖学に基づいているとの事で、エクササイズの前に、使う筋肉と骨のパーツについて骨格標本を見ながらの説明がありました。ピラティスで使う筋肉はコアの筋肉なので、普段の生活で意識するような大きくて体の表面にある筋肉とは違いますが、姿勢を維持したりするのにとても重要な役割を担っています。エクササイズの最中にどこの筋肉を使うか意識するのはとても大事な事ですが、コアマッスルはそれが少し難しいです。それでも先生はイメージする事の大切さを教えてくれて、骨格標本を使っての視覚的な説明や、寝ているポーズの時に自分の体に触れて呼吸や体の動きを確認したりするように指導してもらったのでとてもわかりやすかったです!難しかったり、派手な動きはないのですがしっかり筋肉にききました!

Maho Suiso Ogawa 先生

Maho Suiso Ogawa 先生

 

Suiso先生は、来月ピラティスエクササイズを通して、身体の余分な緊張を取り、日常を楽しく過ごすためのクラスを行ないます。
https://omptny.com/ja/event/pilatesrelease1a/

 

 

 

 

 

 

このような感じで、3時間半とても充実した時間を過ごす事ができました!

今回のテーマは呼吸だったんですが、1つのテーマについて様々な角度からアプローチできる、そして違ったジャンルの専門家の方々から一度に指導してもらえるとてもいい機会だったと思います!皆さんとてもフレンドリーでどんな質問にも答えて下さいますし、色々とアドバイスもしてくれます。

患者としてクリニックに通うのはスケジュールや金銭的な事情で難しい方もたくさんいると思いますが、こういった形で指導してもらうことで、普段意識していなかった事に気づいて実践していくだけで改善出来る生活習慣も多々あると思います。今時インターネットを通じて本当に色々な情報にアクセスできますが、こういったエクササイズなどは、自分では出来てるつもりでも間違った動きをしていたり、同じに見えても使う筋肉が違ったりして、それを自分で確認するのは意外と難しいものです。一度間違ったフォームがくせになると直すのは困難ですし、それが原因で別な問題が発生することもあります。今回のようなイベントは1度だけでも気軽に参加できますし、

初心者の方はもちろん、経験者の方にとっても、知識の確認や少人数のグループだからこその個別指導のメリットがあると思いました。

Physical Therapist Assistantの学生としては、学校で学んだ知識はこうやって他の人に伝えるんだなとか、勉強した事の再確認だったり、こうやって実践するんだとか、他のジャンルの先生から学ぶ事とか、色々な要素を組み合わせる事で効果を上げる事なども勉強になりました。

今週の土曜日にも同じワークショップの第2段としてヨガ、ジャイロキネシス、アレクサンダーテクニックを組み合わせたイベントがマンハッタンウェルネスで行われますので皆さん是非参加してみて下さい!

https://omptny.com/ja/event/seminar2/

次回はまた違った視点からフィジカルセラピーについての話題をお届けしたいと思います!

 

Reiko Togashi